メインイメージ画像

倉庫の立地条件

イメージ画像

一般の住宅でも立地条件というのは主に気になる事だと思います。日当たりや風通しなど、住まいには必要だと思います。倉庫でも、どういった物を預けるかで立地条件にこだわった方が良い事も結構あります。会社から離れていて不便ではないか、建物が集まっていて換気や防湿対策はどうなっているのか、土地の治安は安全か等出したらきりがないはずです。首都圏の近場などですと、小さい倉庫から大きい倉庫まで多種多様に扱っている業者もあり頼みやすいですが、周囲が密接していたり、広い所にコンテナを置いただけの物だったり、簡易的な物も目立ちます。使用しやすい場所にあるだけに、あまり様々な対策をする事は厄介なパターンもあります。逆に場所が若干遠いと、自分で色々設備を設置したり、対策を取る事も可能だそうです。荷物を置くだけでも、工場等を経営するにあたっても、立地条件とういのは会社の成功を左右するのではないでしょうか。人にとっても、荷物にとってもちゃんとした環境で良い物件を探せれば助かりますね。貸し倉庫とは言えども、やっぱり立地条件は賃料と一緒に検討したい点の1つのはずです。実際の場所を見学する事をお勧めします。

レンタル型貸し倉庫等でなく、大家さんがいて不動産会社に載っているような貸し倉庫ですと、建物によっては自分の用途に合わせて設備を変える工事が可能な事があります。一例をあげると、換気口をつけたり、水道をつけたりですね。レンタル型だと、普通に荷物を置くだけなので設備は必要ないと思いますが、広い貸し倉庫で作業をしたり、人によっては設備を備える事も必要だと思います。そういった時は、オーナーさんとの交渉も必須です。普通はOKしてくれるそうですが、解約時にすぐに元に戻せるぐらいでないと、元に戻す工事費がかかったり、大家さんが損をしてしまうか、または同じ設備で経営できる会社を見つけないといけなくなってしまい、オーナーさんに手間がかかるので、前もってご挨拶も兼ねて交渉した方がトラブルないでしょう。その時に、口頭だけだと後々トラブルがあった場合面倒なので、図面と契約書等も一緒に用意し、なるべく不動産会社の人にもついてきてもらうと安心だと思います。

更新情報