メインイメージ画像

倉庫を探す時!

何を置くのか、設備はどんなものがいるかで探す倉庫は異なってくるはずです。業者によっては預けられるも物と預けられない物が約束されているので、特にそれを調べた方が良いと思います。他にも、預ける物によっては防湿や冷蔵が必須になる時もあると思います。それらの対策もちゃんと確認した方が安心でしょう。倉庫やトランクルームだと、窓がない所も結構あるので、大家さんによっては防湿対策をしている大家さんもいます。このような設備も視野に入れて選びましょう。それに加えて、終日荷出しが可能な貸し倉庫がたくさんありますが、そういう所はカメラでの警備だけという建物が多いと目にします。個々に鍵がついていますので、あまり盗難の被害に合う事は心配ないと思いますが、やはり荷物の出し入れの時間が決められていて、警備員がいる物件と比較すれば万全とは言えないでしょう。防犯対策がどのようにされているかも調べておいた方が心配ないでしょう。場所や家賃や間取りは、ネットで見る事ができますが、実際に行ってみないと環境はいまいち分かりません。季節等でも、倉庫内の環境は異なってくるので、そのような事でもしっかり見学をしてから決めた方が良いのではないでしょうか。

イメージ画像

現代では、一括見積もりができる店舗やHPが数えきれない程あります。よく見かけるのは保険の比較等ですが、貸し倉庫でも一括見積もりができるサイトがあります。主にトランクルーム型・ビル型の貸し倉庫になりますが、必要条件や面積が定められているならば、必要条件で探せば各企業でそれぞれ間取りや費用が検索できます。それらから更に物件を選び、各貸し倉庫に連絡すると手間がかからずに便利だと思います。だけど、不動産会社で扱っている物は見積もり比較サイトには多くは載ってないので、それぞれ不動産屋さんに伺って確認した方が良いです。不動産会社でも、見積もりはその場で作ってもらえますし、外に貼ってない貸し倉庫も見せてくれる事もあるので、ネットだけを当てにするのではなく自分で不動産屋に行って探す事も重要だと思います。ネット情報と自分で見つけた情報を合わせて比較し、最も適した倉庫を探す事が当然ですが、スタートに一括見積もりサイトを使用するのは1つの方法として参考になると思います。

更新情報