メインイメージ画像

安い賃料で借りれる貸倉庫!

ここのところ、アパートやマンションを借りて会社を経営し、在庫管理等は貸し倉庫等で済ませている企業も多くなってきました。土地や家賃の値上がりが激しい中、貸し倉庫は、まだ安い賃料で契約できるのですごく助かります。契約には、書類の用意や審査があるので少し時間がいりますが、会社名義で借りるのであれば、会社の印鑑証明や登記簿謄本で契約する事ができます。保証人が必要な物件もありますが、保証会社の申し込みでも問題なく契約できるはずです。必要書類や賃料は大家さんによって異なります。一般のアパートやマンションと同じく、賃料が日割りになる業者とならない業者があるようなので、契約時にはチェックしておいた方が無難だと思います。それに、契約も郵送や電話での手段もありますが、書類を持って不動産屋へ行けば建物も実際に確認でき、審査がきちんと通れば当日に契約する事も可能だそうです。あと、大家さんや倉庫のタイプで預けられない物等もあるので、それらの確認と合わせて荷出しできる時間も確認するべきです。貸し倉庫とは言えども、自分の住む所を借りるような気持ちで探し、下見し、そして借りる事が重要だと思います。

イメージ画像

店舗や企業だと、季節で変わる展示品の飾りや什器の保管場所にはすごく悩みますよね。特に段ボール等に収まらない大きさの物は面倒です。そんな時に使えるのが、貸し倉庫です。エレベーター付きのビル型の倉庫から、不動産会社で仲介しているような広い工場の様な倉庫まで豊富にあります。什器を置いておく程ならば、換気や防湿対策さえ整っていれば十分なはずなので、ビル型のレンタルトランクルームや、コンテナ型でも十分保管できるはずです。また、机や椅子等の家具類はもちろん置く事はできますが、出し入れが面倒なので、業者が運搬してくれるサービス等が利用できるかも重要です。自分で運ばないといけないなら、実際に下見をし、エレベーターや通路が荷物の出し入れができそうか、それに荷物を運ぶ手段と、車ならば止める場所の有無確認しておいた方が良いでしょう。什器類で保管できない物は多くはないので、広さと荷物の出し入れの時の方法だけしっかりと事前に確認しておけば問題ないと思います。

更新情報