メインイメージ画像

新しい倉庫の用意

保管書類等が増えてきて、現在の貸し倉庫に収納しきれなくなったり、事業拡大で広い所に移転したい時には、更に新しい倉庫を用意しなければなりません。手間をかけずに移転するには、今の貸し倉庫の解約手続きと合わせて新しい貸し倉庫の契約がいります。解約するには、当たり前ですが前もって連絡がいるので、契約書通りの日までに手続きしましょう。その際に、退去費用を払わないといけないケースもあります。滅多にないですが、倉庫内でトラブルがあると、退去費用が請求される物件もあるので、前もってチェックしておいた方が心配ないでしょう。また、費用も日割りになるのか1カ月分払うのかも会社によって異なるので、退去費用の見積もりもちゃんと作ってもらった方が無難でしょう。それに、荷物を送ってくれるサービスをしている倉庫もありますので、移転の場合は手間をかけないためにも助かるサービスですね。新たな倉庫は、即日契約即日退去できる倉庫もあるので、急いで探さなくても一旦、そういう貸し倉庫に預けておくのも便利だと思います。貸し倉庫の引っ越しにも、貸し倉庫を利用する対策もあるので、上手く利用してみてください。

イメージ画像

お店や企業だと、季節で変わる展示品の飾りや什器の置き場所にはとても悩むと思います。主に段ボール等に収まらない大きさの物は困ります。そんな場合に役立つのが、貸し倉庫です。エレベーター付きのビル型の建物から、不動産会社で管理しているような広い工場の様な倉庫までいっぱいあります。什器を置いておく程ならば、換気や防湿対策さえ用意されていれば、良いはずなので、ビル型のレンタルトランクルームや、コンテナ型でも十分保管できるでしょう。その他、机や椅子等の家具類は当然保管する事はできますが、運ぶのが面倒なため、業者が運んでくれるサービス等が充実しているかも参考になります。自分で運搬しないといけない時には、やっぱり見に行って、エレベーターや通路が荷出しできそうか、他にも荷物を運ぶ手段と、車ならば止められる所を確認しておいた方が安心だと思います。什器類でしまえない物は多くはないので、広さと荷物の出し入れの際のやり方だけしっかりと契約する時に確認しておけば問題ないはずです。

更新情報